足が重だるい時の簡単ツボ押し・ストレッチ

足が重だるいと感じることありませんか?
そんな時はツボ押しやストレッチが効果的。瞬時にスッキリしてむくみ予防になります。

疲れをそのままにしておくと「足太りの原因」にもなるので、ふくらはぎの太さが気になる人も疲れを感じたらその場でほぐすがことが大切です。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ下半身に流れ込んだ血液を心臓へと送り戻す「静脈還流」と言うポンプ機能を担っています。特に立ち仕事やデスクワーク後の夕方や夜に下半身がむくみがちな人は特に必見です。

~ ふくらはぎと太もも周辺のツボとは? ~
むくみ以外にも太ももやふくらはぎの筋肉のコリが張りが気になる方のツボ押しは効果的です。ぜひぜひ入浴後等の血流の良いタイミングでツボ押しを行ってみて下さい。

●豊隆(ほうりゅう)
「豊隆(ほうりゅう)」は足三里のツボから、指の幅 5本分くらい下、そこから外側に 1.5cmくらいのところにあります。
余分な水分を排出してくれるためふくらはぎのむくみに効果があります。また突然の咳を止めたい時にも有効といわれています。左右の親指を重ねて、2.5秒押しては 3秒休み、これを 5回繰り返しましょう。左右の足を同様に行いましょう。

●承山(しょうざん)
ふくらはぎの筋肉がアキレス腱に変わる(境目)、中央の凹部が「承山(しょうざん)」です。
腎機能の低下を抑え、足の疲れや足のむくみに効果を発揮します。また、腰から膝にかけて気の通りを良くする作用、関節の筋肉をやわらげる作用があるので、腰痛、特にぎっくり腰の痛みを和らげてくれるといわれています。さらに、筋肉の緊張や体内の水分不足から起こるこむら返りになってしまった時も刺激すると痛みがひいてきます。他にも、花粉症対策や、痔の痛みや便秘、むくみの原因の蓄積を防ぐ効果があります。

椅子に座り、両手でふくらはぎを抱えるようにして支え、中指を重ねて委中・承筋・承間・承山の順に左右それぞれ 1~2分押し揉みしましょう。これらのツボ押しはお仕事中でもよいですが、入浴中の刺激をおすすめします。入浴後の安眠効果も期待できますよ!

~ どこでも簡単・ふくらはぎストレッチ ~
あとは「ふくらはぎストレッチ」。むくみが気になる方はもちろん、脚細効果も抜群です。
このストレッチにかかる時間は1日3分!これだけと思う人もいるかもしれませんが事実です(笑)騙されたと思って試してみてください。

まず、立ち方で効果がかなり変わってきますので、それを気をつけながら背筋を伸ばして胸を張り、かかとを揃えて立ってみます。
この時、近くにつかまるものがあればふらつかず便利です。

そして、つま先立ち 50回。次に背伸び 30秒。

たったこれだけです。
これだけですがかなり効果的。慣れないうちはつかまっていて良いと思いますが、慣れてきたら回数と秒数を伸ばして手を離して行ってみましょう。

デスクワークや乗り物に乗っているときの足のダルさにも効果的なのでぜひ覚えて実践してみてくださいね!

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ドライマウス-乾燥する時期に

ヨーグルト

ヨーグルトで生活習慣病予防

夜,ストレッチ

1日の終わりに!体をOFFにするストレッチ

マスクで乾燥ケア

鏡を見る習慣で綺麗になれる!?

秋にかかりやすい病気・感染症