美スタイルに!足の裏の筋肉強化で体幹を鍛える

ダイエット

足の裏の筋肉強化で体幹を鍛える

心臓の大きさは自分の握り拳と同じ大きさといわれています。小さなポンプでは全身の隅々まで行き渡らせるのは大変で、筋肉の運動がポンプの助けをしていますが、特に足の筋肉は血液を心臓に向かって押し上げる働きがあります。なので、足の筋肉は第二の心臓とも言われています。

歩くということは、足の裏で常に床を押していて、足の裏が床を押している力と同等に、床も足の裏を押しています。
ゆっくり歩くときに足にかかる重さは、体重の1.2倍になるそうで、例えば、60kgの人で一歩ごとにかかる重さはなんと72キログラム!になるんです。

人間は1日に平均約 6.5キロメートル歩行し、歩数にして約 7500歩歩いているといわれているので、単純に計算しても1日 540トンの負担になっているということになります。
これは、ゆっくり歩いていての計算ですから、急いで歩いたりすれば、もっと負担は大きくなります。

ちなみに走っているときは、ゆっくり歩いている時の約 3倍!ジャンプすれば約 6倍!

運動時に膝・股関節・腰を痛める人が多いのも納得ですよね。

足の裏の筋肉の重要さとは?

何気なく立っている姿勢は、右か左、または後ろの方など体重のかけ方に違いがあります。

それが骨盤のゆがみだったり、背骨のゆがみに発展することもあります。普段何気なく立っていても、どこに自分の体重がかけられているか意識し、そして自分で体重の位置をずらしてあげることで、背筋が正され自然とキレイな姿勢になることができるというわけですが、そこで足裏の筋肉が重要になってくるわけです。

自分の足裏が正常かどうか?

それを知ることができるチェックポイントは「足指」です。

みなさんもご自分の足指を見てみてください。指と指1本1本の間に「間」があるかどうか、指どうしがぴったりくっついているか、または親指が人差し指と重なったり、小指が薬指と重なったりしていないかをチェックするのです。

正常なのは、指と指に「間」がある状態。そして忘れてはいけないのが足裏の「アーチ」。

足裏を構成する『アーチ』は3つあります。足裏の内側と外側にある縦のアーチ。そして中足部にある横のアーチです。筋肉が退化すると中足部のアーチが偏平化してしまいます。

足裏に土踏まずが見られない偏平足は、足の疲れが普通の人よりも一段と激しくなってしまうものです。

足の裏に筋肉を付けることで、簡単にキレイな姿勢を作ることができますが、それではいったい足の裏の筋肉を鍛えるのってどうやって行えばよいのでしょう?

足の裏の筋肉の鍛え方

普段の立ち方の意識をちょっと変えるだけで、足の裏の筋肉を付けることができます。

足裏の筋肉はそのひとつひとつが小さく、強化するにも上限があります。ですが意識がしやすく、効果もすぐ出るのです。足の裏の筋肉が付くことで、しっかりと立ち、ぶれない立ち方ができるようになりますよ。
それでは、下記のことを意識しながら立ってみてください。

まずは利き足をちょっとだけ前に出し、足先を気持ち内側に向けます。この時、足はあまり閉じずに少し間を開けるようにしましょう。

次に体重を少し手前に持って行き、丁度母指球(親指の付け根)のあたりが中心になるようにしていきます。この体勢をすることで、無理なく体重バランスが取りやすくなり、効き足と軸足のバランスが自然と取れるようになります。

裏の筋肉を鍛えることは、体幹を鍛える事にもつながります。でも、足の裏でしっかり支える力がないとどうなるでしょう。いくら体幹を鍛えてもふらつきやすく、頼りがたいものになってしまいます。

しっかりと立てることで美スタイルをキープできますし男女問わず印象も大変良いものになります。立って足の裏を鍛えるということは同時に体幹を鍛えることができ、立ち方を意識するだけなので簡単に行えるということになります。

足の裏を鍛えるもう一つの方法としては簡単なのが「片足立ち」です。

片方の足を持ち上げ、ただバランスを取っていくだけで、ふらふらしても大丈夫。ふらふらしているとわざとバランスを取ろうとします。だからこそ体幹が鍛えられるのです。どちらも足も同じ回数で行いましょう。

足の裏の筋肉がしっかりとしてくることで、歩き方も変わってきます。足裏の筋肉が付くことで、蹴り上げる力が付き、さらにふくらはぎへの刺激も与えていけるので、さっそうと歩けるようになるのです。

ダラダラと歩いていると、だんだんと足の筋肉を使わなくなり、下半身に脂肪が付きやすくなったり、むくみがなかなか取れなくなるなどの症状が加速していきます。足の裏に筋肉が付くだけで、姿勢が良くなり、そして歩き方もキレイになるのでぜひ意識してみてくださいね。

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

冷え性改善にセルフリフレクソロジー

夜,ストレッチ

1日の終わりに!体をOFFにするストレッチ

今すぐできる!目の疲れに効く3つの事

色々活用!健康にいい!「みかんの皮」

ダイエット,運動

生活習慣病の予防法

アレルギー性鼻炎の対策