足汗、足のニオイをなくす方法

足裏の汗は、靴を履いていると周囲の人には気付かれにくいものですが、当人は靴の中が蒸れて不快で気になるものです。

知人宅の訪問や宴会のお座敷などで靴を脱ぐ必要があるときは、床にペタペタと足跡がつきそうな気がしたりしてすぐにでも汗を止めたい!なんて思っている方も多いのでは?

さらに、靴の中は汗が蒸発しにくく蒸れやすいですよね。「足のニオイ」の悩みを抱えている人も少なくないでしょう。

足汗の原因は大きく分けると、「精神性発汗」「体温調節による温熱性発汗」「多汗症」の 3つになります。

足裏の汗は手のひらと同様に精神的な緊張や興奮により出る「精神性発汗」と呼ばれています。それに対して体温調節のために出る手足以外の全身の汗を「温熱性発汗」と言います。

しかし、足裏と手のひらの精神性発汗も非常に寒い環境では出なくなるなど気温に応じて増減することが知られており、温熱刺激の干渉を受けることが分かっています。

緊張を全くしていないのに、逆に家でのんびりしていてリラックスしている状態なのに足汗をかく場合があります。これが「多汗症」です。
じんわりとならいいですが、恐ろしいくらいの汗が出てしまうこともあります。これは自分自身でコントロール出来ない、多汗症といわれる病気になります。フローリングで滑りそうなくらいの汗をかいたり、フローリングに自分の足の跡が付いたりもします。

多汗症の人は自分自身が汗っかきということをネガティブに思っているため、精神性発汗も併発しやすいのが特徴で、緊張などにより倍増したりします。靴下も湿るくらいの汗は、普通に出たりします。

このような原因からくる汗。乾いた時には一体どんなニオイを放つのか。恐ろしいですよね。(笑)

そんな足裏の汗を改善するには?
サラサラにする方法はないのでしょうか?

ちなみに足の臭いの主な原因というのは、汗や角質などが分解されて出来る「イソ吉草酸」という物質。

実はこれって納豆のにおいを生みだしている物質の中にも含まれているんです。
だから足の裏って納豆のような臭いがするんですね。。

ということはつまり、このイソ吉草酸をどうにかすれば足のにおいも消えるってことなんです。

この物質を消すためには「重曹」が一番効果的だと言われています。

足の臭いの原因物質であるイソ吉草酸は弱酸性の物質です。これに対し重曹は弱アルカリ性ですから、酸を中和します。この中和効果が臭いを消してくれる大きな理由です。重曹は臭いや湿気を吸いとってくれるので、翌朝にはクサい臭いもすっきりリセットされているはずです。

それでは使用方法を説明しましょう。

まず不要な布や靴下に重曹を入れます。それを結んで、靴の中に入れておけば消臭してくれるのです。

そして 2つ目は素足に対する重曹を使った方法。

洗っても落ちない足の臭いにオススメです。洗面器にお湯をためてそこへ重曹を大さじ 2杯入れます。
そして足湯をします。これは、リラックス効果もありますし足の臭いも消せて一石二鳥です。

足の裏には無数の汗腺が存在していて、とても汗をかきやすい場所なんです。その量、なんと一日でコップ1杯分の汗をかきます。

気になる方は是非おためしください。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ファスティング

食事と人間心理とは?

ヨガ

ヨガで背中のお肉をダイエット~バッタのポーズ

頻繁に足がつる原因とは?

目の痙攣(けいれん)の原因と対策

ヨガ

寝る前にオススメのヨガポース

冬にかかりやすい病気・感染症