足裏をセルフマッサージ-イライラ・落ち着かない時

エステ,痩身エステ

「子供が多動気味で落ち着きがなく、すぐにイラッとして騒ぐから足の裏を刺激してあげたいのですが、どこを刺激していいかわからない・・・」
と、子育て中のお客様から質問されたことがあります。

足裏の反射区は全部で36ヶ所。

足裏 反射区

この中から刺激すると効果的な反射区をご紹介します。全体的に刺激してあげてからピンポイントで刺激してあげるとより効果的です。

● 多動気味で落ち着かない場合

集中力が足りないと考え、西洋医学的に判断すると、前頭、小脳と脳幹、大脳(頭部)の反射区を刺激します。
一方、中医的に考えてみると、精神活動は「心蔵神」と捉えるので、“五臓の「心」” 。気血の流れは精神状態と密接な関係があるので 、精神・意識・思考なども心の動き。なので「心臓」の反射区を刺激しましょう。
そして、成長過程にあるお子様の場合であれば、先天的な要因を踏まえて、“五臓の「腎」” を。ちなみに、「腎」とは「腎臓」のこと。中医学では、生殖器系、ホルモン系、中枢神経系、造血系などの機能を含んでいるとされます。

● イライラする場合

ストレスによるものなら、肝気の流れが悪いので “五臓の「肝」” と “六腑の「胆」”。
「肝」とは「肝臓」のことです。気と血の流れを調整し、血液を浄化、再生し血液と共に全身に栄養素を送ります。
「胆」は胆汁を貯蔵・排出することで飲食物の代謝にかかわる役割をするところ。
この 「肝臓」と「胆嚢」の2つの部分 を刺激することにより、精神的なストレスや気血の流れの滞りを解消し、抗うつやイライラを和らげてくれるのです。

「心臓」「腎臓」「肝臓」「胆嚢」 この4つを重点的に刺激しながらお子様に足裏マッサージをしてあげると反抗期のお子様にも手を焼かないで済むかもしれませんね♪
もちろん、これらのツボは大人の方にも効果的です。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

夜,ストレッチ

寝る前のストレッチは効果的

ドライマウス-乾燥する時期に

足のむくみ解消法

疲れた胃腸を整える食材を摂ろう

ジョギング

ジョギングで運動不足解消に最適な距離は?

寝癖直しにアロマオイル