身体を温める飲み物

寒い季節になると飲みたくなるのがホットドリンクと言われる身体を温める飲み物です。

しかし、ホットドリンクなら何でも良いというわけではなく、種類によっては逆に身体が冷えてしまう飲み物もあるため注意が必要です。

例えば、ホットコーヒーを飲むと身体が温まると思いがちですが、ホットコーヒーは飲めば飲むほど身体が冷えてしまいます。カフェインの作用によって一時的に身体は温まりますが、利尿作用によって結果的に身体を冷やしてしまうという例です。同様の理由で緑茶も身体が冷える飲み物となるので注意が必要です。

身体を温める飲み物としておすすめしたいのが、赤ワイン、烏龍茶、紅茶、日本酒、黒豆茶、しょうが湯、ココア、地中で育ったものを使用するお茶 などが挙げられます。

赤ワインや烏龍茶、紅茶、ココアなどはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは血管を拡張する作用があるため、血流改善による冷え性改善効果が立証されています。しょうが湯に代表されるように飲み物に生姜を入れると血行と代謝を良くすることができ、身体を温めることができます。また、タンポポ茶やごぼう茶など特に根菜等を使用したお茶は身体を温める作用があります。基本的に 色の濃い飲み物は身体を温める作用があり、色の薄い飲み物は身体を冷やす作用がある と言われています。

また、身体を温める飲み物は 飲むタイミングによって身体を温める効果は変わってきます

一日で一番寒い朝に身体を温める飲み物を飲む事によって一日中身体が温まりやすくなります。起きてすぐでも良いですし、朝ごはんと一緒に飲むのも効果的です。さらに、お風呂に入る前に飲む事によって、お風呂に入ってもすぐに湯冷めすることがなくなります。お風呂前に温かい飲み物を飲んでじんわりと身体を温めておく事によってゆったりと湯船の中で身体の芯まで温まる事ができます。お風呂前に温かい飲み物を飲むと筋肉もほぐれてリラックス効果も期待できます。

夜寝る時に手足の先が冷えて眠れなかったり、夜中に寒くて目が覚めるといった状態で悩む人が多くいると思います。
冷える事によって眠りが浅くなり昼間の疲れも取れにくくなってしまします。身体を温める飲み物を寝る前に飲む事によって寝付きもよくなり、眠りも深くなってぐっすりと眠れるようになります。そのため、疲れも取れ次の日の朝はすっきりと起きられるようになります。

冬は冷え性の方には特に厳しい季節となりますが、身体を温める効果のある飲み物を飲んで身体の芯から温め寒い冬を乗り切りましょう♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

花粉症による蕁麻疹(じんましん)

ヨガ

ヨガウェアとヨガマットの選び方

ダイエット

便秘の解消とデトックス効果

健康&ダイエットに酢大豆

秋の目の疲れには

ヨガ

寝付きが悪い方にヨガ・ニードラ