運動前後の食事の摂り方

ダイエット,運動

運動前後の食事の摂り方

運動することはもちろんダイエットに効果的ですが、運動ばかりに気持ちを摂られてしまい、ついつい「運動と食事」の関係を無視しがちになっていませんか?

人にとって「食事」は毎日のかかせないものです。そして楽しみの1つでもあります。
今回は運動前後の食事について、そしてそのタイミングについて考えてみましょう。

まず、運動前から。運動前は、空腹でも満腹でも体には良くありません。

カロリー制限のためにと運動前に何も食べないと身体に負担が大きくなりますし、血液中のブドウ糖が不足して低血糖症になる可能性もあり危険です。
また、反対に食べた分のエネルギーを消費できるからと、運動前に満腹になるまで食べるのもダメ!

どうせ運動するならより健康的に!ダイエットをしている方なら、より効率的に運動を行えるために!運動前の食事はどうするのが良いのでしょうか?

食べ物が体に入ると胃腸などの消化器官は活発に動きだします。消化の為に血液が消化器官に集まってきますが、食後すぐに運動をしてしまうと、消化器官に集まるべき血液が全身に巡り始めるため、消化がおろそかになり消化不良を起こしてしまいます。

よく食事後に運動をしたりすると脇腹が痛くなりますよね?

それは十分に消化が終わらないうちに運動すると起こる現象なのです。食後すぐに入浴することも、同じ理由で消化不良を起こしてしまいます。なので入浴は食後 30分ほどは空けるようにしましょう。

運動前の食事についての注意点とは?

健康維持やダイエットのために食事と運動のバランスが大切ですが、空腹時や満腹時の運動は体にとって負担が大きく気を付けなければいけない点です。

一般的には運動する2時間前には食事は終わらせておきたいものですが、どうしても時間がなかったり、運動前にあまりにも空腹過ぎたり、運動の予定が朝早かったりすると2時間前というのは難しい話です。

かといって、2時間前なら何でも食べてもいいというわけではありません。2時間前でもやはり胃腸の負担を少なくするために、脂質は控えめに。糖質(炭水化物)は腹八分目ほど摂りましょう。おにぎり、うどん、そば、食パンやハード系など、油を多く使っていないパンが良いです。

運動1時間前だとこれよりもっと量を少なめに、お粥などの脂質が低く糖質(炭水化物)を補給できるものを食べます。30分前なら液状またはゼリー状、フルーツなど消化の良いものですぐにエネルギーに変わるものにしてください。 バナナ、果汁ジュース、栄養補給ゼリー飲料などがよいでしょう。

運動後の食事の摂り方とは?

運動後は高カロリーのものを食べたくなってもここは我慢しましょう。摂るべきものは「良質のたんぱく質」「野菜」。これらをたっぷりバランスよく摂取できる良い食事を意識します。

特にダイエット中だと痩せたいがために食事制限を必要以上にしてしまいがちですが、それはとても危険。疲労回復が遅くなったり、リバウンドの原因にもなるので注意が必要です。

お魚・肉・豆類・乳製品・卵などのたんぱく質・ビタミンB群・ビタミンE・カルシウムを多く含んだものは「血や肉」を作り、緑黄色野菜・淡色野菜・海藻やキノコ類・果物などのβカロチン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウムは、運動あとの「体の調子を整えて」くれます。

運動をすると体にはいつも以上に体に酸素をとり込もうとするため、アンチエイジングにとっての敵「活性酸素」が増加します。

ビタミン類は活性酸素を除去してくれる働きがあり、汗で失われたカルシウムやマグネシウム・鉄や亜鉛も食事でしっかり補うことができるのです。運動と食事を上手に組み合わせることで、脂肪をさらに効率よく燃焼させ、よりシェイプアップ効果をあげることができます。

上手に体脂肪を燃焼させるポイントは「運動 × 食事」です。
もちろん、運動中の水分補給も忘れないでくださいね♪

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

柔軟な股関節で腰痛・肩こりを解決!

爪で体調のセルフチェック!

花粉症-スギ花粉の時期に

注目の健康食材でヘルシーライフを!

痛みを緩和 頭痛にアロマオイル

要注意!!声枯れしていませんか?