雑穀米で生活習慣病予防

雑穀米

雑穀米で生活習慣病予防

毎日食べることが多いお米にも種類があり、中でも雑穀米には生活習慣病の予防効果があります。

通常の白米は多くの部分が炭水化物ですので当然多くの糖質を含んでいます。糖質は甘いものだけではなく、普段主食となる炭水化物にも多く含まれています。血糖値が高い方にはさらに糖質を体内に入れてしまうことになりますし、高血糖ではない方でも他の食事内容や運動不足、ストレスやたばこやアルコールなどと重なれば、だんだんと生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。

雑穀米の効果

一方、雑穀米は白米だけではなく、粟やひえ、ハト麦など週種類の穀物を合わせた状態です。雑穀米にすることで炭水化物に偏っていた栄養が、ミネラルやビタミン、食物繊維などバランスよくとれるようになり、炭水化物の量も減るので糖質の減少にもつながります。

雑穀米には塩分を排出させるマグネシウムやカリウムが含まれているので、血液の質も向上させます。ビタミンBには高脂血症や糖尿病、動脈硬化の予防や改善する働きがあります。また、ひえ、あわなどには良質のたんぱく質が含まれていて、血中の善玉コレステロールを高めて脂質代謝をスムーズにする働きもあります。血管の年齢を若く、柔軟にすることができるので生活習慣病の予防効果が高いのです。

また、食物繊維が多いのも特徴で、脂肪や糖分の吸収を抑えてくれますので、ダイレクトに体に吸収されてしまうのを阻止できます。食物繊維がクッションになってくれるので、体や胃にも優しいお米といえます。

生活習慣病は多くの原因がありますが、中でも食生活による影響は大きいですから、栄養と体へのプラスの効果を発揮してくれる食事に切り替えることは大きな意味があります。

最近は味や食感も良くなってきていて、甘味を感じられる、満腹感がある商品が多くなっていますので、白米に比べると満足度が足りないということはありません。味わいも楽しめて、食事で体を変えていくことができるので取り入れやすい生活習慣病の予防策と言えるでしょう。

雑穀米をメインに食べていた時代から白米に切り替わったころから生活習慣病が増えてきているというデータもあります。それくらい雑穀米は体にとって大きなクッション役になりつつ、多くの栄養成分を取れる食材なのです。取り入れられる部分から始めて、健康も味わいも楽しめるようにしていくと良いでしょう。きっと違和感なく日常生活を送れて。生活習慣病の予防もできることでしょう。

関連記事

女性は幸せを感じる感覚に優れている?!

抗酸化作用とは?

寒い季節になりやすい「便秘」

ファスティング

空腹でアンチエイジング?

恋愛

「恋愛と脳」の関係

レモングラス,ハーブ

レモングラス~美容健康の効能とは