雨の日に多い身体の不調とは?

雨の日が続くと身体の調子がすぐれない、崩しやすい・・・

また、頭痛やだるさ、以前に怪我をしたところが痛み出したりなんてことあると思います。

それは何故なのかというと

「雨の日は低気圧」

だからです。

低気圧は目に見えるものではありませんが、身体は敏感に反応します。

ちなみに、日本人の6割が気圧の低下で体調が変化したことを感じているそうです。

しかも、気圧の変化は精神面にも変化を与えるらしく、低気圧は若年層ほど鬱っぽく感じるそうです。

雨の日に起こる体調の変化には、頭痛・喘息・耳鳴り・関節痛が代表的なようですが、

女性に多くみられるのが

身体の「むくみ」

なぜ、低気圧で身体の「むくみ」が起こるのでしょう?

気圧が低くなると普段かかってる圧力が減るため体内から外へ押し返す圧力が上がります。

結果、カラダが膨張した状態で血管内が広くなり、血行・血流が遅くなるため、冷えたりむくんだりするわけです。

さらに、低気圧による原因の多くは自律神経が追いつかないことがあると言われています。

その結果、ヒスタミン(くしゃみや鼻水、かゆみなどを引き起こす原因となるもの)

の過剰に分泌されていきます。

こういった症状を抑える為には、普段より気になる部分をマッサージしたり、身体を温めてあげるなど血行・血流を良くして、リラックスしてみると良いでしょう。

雨の日を快適に過ごすために、次回の低気圧の時には気をつけてみてはいかがでしょうか?

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

秋にかかりやすい病気・感染症

胃痛に効くツボ

「浮き指」になっていませんか?

疲れによく効く!緊急疲れケア法

納豆

納豆で生活習慣病予防

要注意!!声枯れしていませんか?