頑固な便秘の解消法!

「便秘はあんまり心配しなくていい」「小さい頃から便秘解消ができていないけど薬を飲んでいるから大丈夫」と思っている方いませんか?

日本で便秘に悩んでいる人は約 800万人ともいわれており、食生活や生活習慣の関係からか便秘解消できない人が年々増え続けているようです。
便秘とは腸内に便が長期間溜まった状態ですから、当然私達の腸内細菌に悪い影響を与えます。でも、便秘解消できていない場合の悪影響はそれだけではないのです。

腸の中の排出物が停滞した状態が長く続いてしまうと老廃物が腐敗して有害なガスを発生します。 ガスの一部は、腸の壁から血流に乗って全身の細胞へ送られ色々な病気へとつながっていきます。それが頭痛、肩こり、肌荒れなど、体の免疫力を弱めてしまうことに影響することがあります。

つまり、もし、あなたが便秘であり頭痛や肩こりに悩んでいるとしたら原因のひとつになっている可能性があるのです。

他にも便秘解消できていないとかかりやすい病気は、

  • 大腸癌
  • 逆流性食道炎
  • 大腸ポリーブ
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • アレルギー性疾患
  • 冷え性

などがあります。

また、薬に頼るという安易は方法では副作用が出てきてしまうこともあります。
特にセンナなどの刺激性下剤は常用していると大腸メラノーシスという色素沈着を起こし大腸の働きを悪化させてしまうという病気の引き金になってしまう場合があります。

良好な腸内環境であれば、排便は 1日1回。食べたものの消化・排便までの時間は 24時間が目安です。
一般的なうんちの水分量は 80%ですが、大腸に長時間とどまっている便からは、水分がどんどん吸収されていくので 70%以下になり、硬くなってしまいます。そして、硬くなると余計に腸内で動きにくくなり、どんどん溜まる・・・と悪循環に陥ってしまいます。

便秘の解消には便秘薬による解消や浣腸による方法がありますが、一時的な便秘の解消につながっても、また便秘になってしまうと常に薬に頼りがちになってしまいます。

そうならないためには、日ごろの食べ物に気をつけるなどの食事療法を地道に実践することも重要です。
食べないと、うんちの材料が不足して便秘になりがちです。すると悪玉菌が有害物質を発生させ、血液中をめぐると、身体はそれを排除しようと働きますから、本来の働きであるエネルギー代謝が落ちて、痩せにくい身体になっていくという報告があるのです。食べないでダイエットをしているつもりが、不健康になって、おまけに痩せにくい体質を作ってしまいます。

~ 今日から実践!便秘解消法! ~

●睡眠時間
睡眠不足が続くと自律神経のバランスが崩れやすくなります。自律神経の乱れは、便秘に関係します。パソコン、スマートホン、テレビなど 現代人は脳への刺激が強いものが多くあります。就寝前などには、パソコンやスマートホンなどの強い光は避け「深い睡眠」が 確保できる環境を整えましょう。

●トイレにいく時間の確保
決まった時間にトイレにいく習慣を付けましょう。特に朝、時間に余裕を作りトイレに行くようにしましょう。
朝起きたら、お水を飲んだり朝食をとったりして、決まった時間に便意がくるようにしましょう。そうすることで、習慣付けがしやすくなります。

●乳酸菌を摂る
乳酸菌食品を積極的に摂りましょう。腸内環境は善玉菌が悪玉菌より少し優位になっている状態が理想的です。乳酸菌食品を摂取することで、善玉菌が増えて腸内環境を整えます。ヨーグルト、牛乳、納豆、漬け物などの乳酸菌を積極的に摂りましょう。

●食物繊維を摂る
食物繊維を多く摂りましょう。食物繊維は、胃などで消化されず小腸を追加し大腸までとどきます。そのため、便秘解消する整腸効果があります。
また、食物繊維を食べて腸に届くと善玉菌の餌となり、腸内で増えてくれるのです。ダブルで便秘解消の効果があるということになります。

●水分の摂り方
朝起きたら水を飲みましょう。水分が不足すると便が堅めになりやすくなります。
寝起きは、体内の水分が不足しており、 便が硬めの人は、特に意識して水分補給をする必要があります。水分をしっかりと補給すると、便がやわらかくなり便が移動しやすくなります。 また、寝起きに水を飲むと、腸を刺激し便意をうながし便秘解消します。

そして、適度な運動を心掛けましょう。

1日 15分程度の軽い運動が理想的です。適度な有酸素運動は、副交感神経を高め交感神経を抑える効果があります。
副交感神経が高まると、胃や大腸は活発に活動します。 また、腹筋を鍛えることで蠕動運動が活発になり便秘解消につながりますし、適度な運動は自律神経の乱れを改善する効果や安眠効果もあります。

交感神経が働きすぎていると便秘になってしまうので、ストレスをうまく解消することが大切です。便秘症状は食生活・運動のほか、ストレスなどの影響で日々変化します。

自律神経の乱れをなくし便秘解消させましょう!

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ジョギング

ジョギング初心者の基礎知識

自宅でもできる簡単セルフリフレクソロジー

ハーブで手軽簡単!手浴・足浴

冷え性改善にセルフリフレクソロジー

あなたの汗は良い汗?悪い汗?

ヨガ

体質改善におススメのヨガポーズ