頭皮のイヤなベタつき・臭いの原因とは?

夜、シャワーを頭皮にかけた瞬間、臭いが気になったり、
日中、髪の毛のベタつきが気になったりすることありませんか?

最近、このような「頭皮」のトラブルに悩む女性が増えているそうで、年齢問わず増加傾向にあるようです。

ベタつき・臭いの原因となるのは、
「皮脂の過剰分泌」 にあります。

頭皮は、顔の Tゾーンの約2倍の皮脂線がある、人体で 1番皮脂が多い場所 です。

頭皮の皮脂は色々な物質と結びやすい性質を持っているため、例えば、整髪料と皮脂が結びつくことで、頭皮に張り付き毛穴を塞いでしまったり、空気中の化学物質や雑菌と結びついて酸化し、それが臭いの原因になることもあります。

その他の原因としては、髪の毛を洗う際によくすすがないために頭皮にシャンプーが残ってしまったり、良く髪の毛を乾かさないで寝てしまったり。

頭皮が臭かったりベトつきがあったりするとゴシゴシとよく洗ってしまいがちですがそれは NG。

洗いすぎは皮脂の過剰分泌につながりますし、頭皮に傷を付けてしまっては逆効果。フケや痒みの原因になってしまいます。

原因はこれらの頭皮自体のトラブルだけではなく、
運動不足による血行不良もあり、体全体の新陳代謝が悪いために頭皮の栄養不足による免疫力低下につながり、そこでベタつきが出てきたり、薄毛の原因にもなっているということもあるみたいです。

では改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは食べ物に気をつけてみましょう。

肉食・油っこい食事が多くなっていませんか?

動物性のタンパク質や脂肪には悪臭の元となる物質が含まれているのでバランスを考えて野菜や穀物を摂るようにしてあげるとよいでしょう。

次に、朝シャンをしている方は夜に髪を洗ってあげてください。

頭皮も皮膚です。

肌の眠っている間に自ら痛んだ細胞や DNA を修復させ、生まれ変わります。
朝シャンだと、1日の汚れをそのままにして眠ることになります。正常な頭皮を保つためにも夜の洗髪は重要なのです。

そして洗った後は根元からしっかりと乾かして寝ること。濡れたままにしておくと菌が繁殖してしまいます。

ここで問題なのが「自然乾燥」でもよいのでは?ということ。

自然乾燥でも乾きますが、濡れている髪の状態は頭皮に雑菌が繁殖しやすいためオススメできません。
頭皮の温度を下がり血行不良をおこしてしまいます。

男性も女性も頭皮のコンディションが悪いと「老け」の原因にもなります。

頭皮のケアは優しく刺激の少ない方法で行いましょう♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

目の痙攣(けいれん)の原因と対策

頭痛

二日酔いで頭痛がつらい時

梅雨の日の楽しみを発見!

ジョギング

ジョギングで運動不足解消に最適な距離は?

明日葉の青汁ってどうなの?

ダイエット

便秘の解消とデトックス効果