頻繁に足がつる原因とは?

皆さん、夜中や朝に足の指やふくらはぎがつった経験ありませんか?

私も寒くなり始めると「つる」回数が多くなり、時には両足の指がつってどうすることもできない(笑)なんてことも。。。

ちなみに、足が「つる」とは、

自分の意思とは関係なく足の指やふくらはぎなどの硬直し、筋肉が収縮・痙攣状態になることです。

「寒くなると頻繁に足がつる」というのは、
筋肉の冷えによる血行不良が原因のようです。

足や腰が冷えると筋肉を収縮させるため足がつりやすくなります。

その他の原因として考えられるのは、

● 筋肉疲労

運動不足のときや、普段とはことなる動きをした時に起きやすいようです。
また、中高年の方々は筋肉の力や持久力が衰えてくるため特に運動しない時でも足がつる場合があります。

● 水分不足

運動中など水分不足で脱水症状がおこるとミネラルバランスが崩れ、神経や筋肉が興奮しやすくなり、足がつりやすくなります。
また、睡眠中に汗をかきミネラルが失われそれが原因で足がつりやすくなることもあります。

● 骨板の緩み

プールなどで足がつる場合に多い原因の一つです。水中では徐々に骨板が緩んでくるため足の筋肉が引き伸ばされます。そこで足の筋肉は本来の長さに引きもどそうとする為に足がつるという状態になります。

足がつる原因は他にありますが、頻繁におこる場合は注意が必要です。
手足のしびれなど、他の症状と併合しておこる場合は、特に病院に行き原因を調べてもらってください。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

寒い時期に気をつけたい「関節痛」

ヨーグルト

ヨーグルトで生活習慣病予防

ヨガ

布団の中から簡単・朝ヨガ

花粉症対策で注目されるカテキン

アロマオイルの正しい使い方と光毒性

アロマオイルで楽しく大掃除♪