風邪と解熱のタイミング〜何度になったら解熱が必要?

今回は風邪を引いた時の解熱のタイミングのお話です。

風邪を引いてお医者さんに行くと解熱剤を出されることがあります。解熱に関して 体温が「何度?」になったら熱を下げる必要があるのでしょう?

風邪を引いた時の解熱に関して 「何度?」になったら熱を下げる必要があるのか、医師に聞いたところ、

発熱は体の防御反応なので、体温は高い方が風邪のウイルスと戦う免疫は活動しやすく、つらくて食事もとれないなどの問題がなければ、一般的には解熱を急ぐ必要はないとのことでした。ただ、40度以上の様な高熱が出てしまうと、体の免疫反応も落ちるので、解熱を勧めるのが一般的と言われています。

解熱をする時は、冷たい解熱補助用具(氷のう、アイスノンなど)で頭を冷やすと、楽になる感じがしますが、それよりもより効果的に熱を下げるのに冷やすところは、太い動脈が通っているところ、つまり、首筋や脇の下などを冷やす事が解熱には効果的です。

また、風邪を引くと、熱とともに鼻水や咳がひどい場合もあります。鼻水や咳についても触れておくと、

風邪により鼻が詰まって口呼吸になると細菌など二次感染のおそれが高まることもありますが、鼻水や咳は、細菌やほこりの侵入を防いで排出する、つまり発熱と同様に体を守るための防御反応です。鼻詰まりには、血行を促進し、湿気が鼻腔に入って鼻が通りやすくするように、お湯で温めたタオルを顔にのせるのが効果的です。

激しい咳は睡眠を妨げたり体力を消耗させますので、できるだけ原因となっている痰が出やすいように、うつぶせ寝や背中をたたいたりすると良いでしょう。ただし、乳児のうつぶせ寝は、窒息死の危険があるので親が横に付き注意しましょう。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

肩こりの原因と“心因性肩こり”

ヨガ

腰痛に効くヨガのポーズ

紫外線を浴びると健康にいい?!

梅雨を乗り切る為の食材6選

今すぐできる!目の疲れに効く3つの事

頭痛

二日酔いで頭痛がつらい時