食べ過ぎた!そんな翌日は

ダイエット中でも、ついつい外食をすると食べ過ぎ、飲み過ぎて翌日に後悔・・・
なんて事、ありますよね。だからと言って、翌日の朝食や昼食を抜いたから痩せると言うものではありません。翌日以降のバランスの良い食事を心がける事で、身体の中に溜まった要らないものを排出出来るんです。

まず知っておきたい事!
食べ過ぎた!と思っても、48時間以内にリセットできたら脂肪になりません。
食べた物が栄養として体内に吸収されるまでにはおおよそ48時間かかると言われています。
つまり、食べ過ぎてしまった日から 2日以内にいかに食事や運動に気を使うかで、大きな違いになります。

◆カリウムで老廃物の排出!
食べ過ぎてしまうと、体内には余分な水分が溜まっている状態です。
それが原因で、浮腫みやセルライトが出来やすくなります。
そこで活躍するのがカリウム。カリウムには水分の代謝を促したり、筋肉機能を調整したりする作用があります。
カリウムを摂って、体内の余分な水分や老廃物をしっかり排出しましょう!

~ カリウムが摂れる食材 ~
パセリ、納豆、アボガド、大豆、イモ類、昆布、ひじき、ホウレン草、バナナ、りんご、牛乳、など。

◆青魚で脂肪燃焼!
食べ過ぎによる過剰摂取で摂りすぎてしまった脂肪を燃焼させるのがEPA(エイコサペンタエン酸)と言う成分。この成分は主に青魚に含まれています。
お肉ではなく、ヘルシーなお魚料理を食べるようにしましょう。

~ EPAが摂れる食材 ~
さば、まぐろ、さけ、さんま、ぶり、いわしなど。

◆食物繊維で糖質リセット!
食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、不溶性は水分を吸収して便秘の解消を促し、水溶性は糖質、脂質の吸収を遅らせる働きがあります。
2種類をバランスよく摂る事で、ダイエット効果があります。

~ 不溶性食物繊維が摂れる食材 ~
いんげん豆、ひよこ豆、あずき、おから、エリンギ、えのき、切干大根、アーモンドなど。

~ 水溶性食物繊維が摂れる食材 ~
アボガド、おくら、山芋、海藻類、ごぼう、納豆など。

食べ過ぎても、翌日断食などの無理はせず、身体に良い食事をきちんと摂る事で後悔もリセット出来ますね♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

エステ,痩身エステ

痩身エステの選び方・通い方

ヨガ

太もも引き締めに効果的なヨガポーズ

ファスティング

プチ断食ダイエットとは?

ヨガ

ヨガの呼吸法で内臓脂肪を燃やす

ヨガ

ヨガで背中のお肉をダイエット~バッタのポーズ

ヨガ

朝にオススメのヨガポース