飲み薬の種類と効果の違い

薬の飲み方

飲み薬の種類と効果の違い

今回は、意外に知らない「飲み薬の種類と効果の違い」について取り上げてみたいと思います。

「飲み薬」と言っても大別すると、以下の種類の種類に分かれます。

  • 粉剤(別名:散剤・粉薬)
  • 錠剤
  • カプセル剤
  • 顆粒剤
  • 水薬(シロップ剤)

などがあります。基本的に種類は異なっても、効果に大きな違いはありませんが、それぞれの飲み薬の特徴を見てみましょう。

粉薬

「粉薬」は、見ての通り薬の成分が剥き出しの為、カプセル剤や錠剤と違い早く吸収され効果も早く現れます。そのため、すぐに胃で溶けて欲しい「胃薬」には、粉薬が多いのです。

錠剤

「錠剤」は、薬を一定の形に圧縮して固形にしたもので、多くは飲みやすいように表面を糖分で包んだ「糖衣錠」と言われるものです。多くの錠剤は、胃で吸収されるので、糖衣錠の「糖分の衣」もまた胃で溶けるように作られています。錠剤、特に「糖衣錠」は、砕いて飲まないようにしましょう。胃で溶けるはずの「糖分の衣」が壊れてしまうと、効果があらわれる箇所や時間が異なってしまいます。錠剤は、ゆっくり溶けて欲しい薬に多くなっています。

また、錠剤には「飲み薬」の他に、「飲まない薬」として<舌下錠・バッカル錠・トローチ錠>などがあります。

<舌下錠>とは、その名の通り、舌の下に入れ、そのままの状態で溶かす薬で、口中粘膜から吸収される事で、その成分が肝臓を経ずに血中に入るので効果が早く現われます。代表的な「舌下錠」には、ぜんそくの治療薬や狭心症の治療薬で有名な「ニトログリセリン」などがあります。

<バッカル錠>とは、口中の下側奥歯と頬の間に入れ、そのまま溶かす薬で、口中粘膜から吸収され全身に運ばれやすく、性ホルモン剤や消炎剤に多くみられます。

<トローチ錠>とは、口中でなめて溶しながら成分を吸収させる薬で、のどの炎症を抑える薬が代表的と言えます。服用後に食事やうがいを行うと効果が薄れるので、食後に使用するのが効果的です。

カプセル剤

「カプセル剤」は、その厚さの異なりから「胃で直ぐ溶けるもの」「胃で溶けるのに、少し時間がかかるもの」「胃では溶けずに腸まで届く頃に溶けるもの」があり、それぞれ効いてほしい箇所や時間を設定して作られています。ですから「カプセルを開けて、中の薬だけを飲む」ことはNGです。もし、そんな事をしてしまうと腸からの吸収でこそ効果のあがる成分が、胃や食道などで吸収されてしまい、効果が半減するどころか、粘膜自体を傷つける可能性もあります。

また、カプセル剤を飲む場合は、飲み込みやすいからといってカプセル剤単独で飲まず、必ずコップ一杯の水や「白湯」又は「ぬるま湯」で飲むようにしましょう。

顆粒剤

「顆粒剤」は、わざわざ顆粒を糖分でコーティングしている薬で、粉薬とは異なります。顆粒剤は噛み潰さず飲みましょう。錠剤と同様に、噛み潰す事でコーティングが壊れ薬の効果が現われる箇所や時間が異なってしまいます。

水薬

「水薬」とは、水やアルコールで薬を溶かしたもので、飲む時に良く振って混ぜ、飲む量を他の容器に移してのむ薬です。代表的な水薬として、こども用の薬を甘味料や糖液に溶かした「シロップ剤」があります。

このように、一言に「飲み薬」といっても、その用途や効果を得るために色々な工夫がなされています。なぜ粉薬なのか、錠剤なのかを知ると、薬について薬について興味が湧いてくるかもしれませんね。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

髪トラブル

パサパサ・ゴワゴワ!気になる髪トラブル対処法

就寝前にふくらはぎをマッサージ♪

風邪をひきにくい身体を作る

スズメバチの正しい駆除方法

ハーブで手軽簡単!手浴・足浴

体の節々が痛い!そんな風邪の対処法