AGE(終末糖化産物)とは?

AGE(終末糖化産物)とは

人間が生きていくためには食物から栄養を摂取する事が必要です。そのうち糖質はエネルギー源として消費されるため必須ですが、活動に必要とする以上に摂りつづけた場合血液の中に糖が余る事になります。

剰余分の糖がタンパク質と結びつき、さらに体熱が加わると終末糖化産物に変化しますが、これを AGE と言います。

AGE は、糖やタンパク質を高熱で調理した食物が消化しきれずに体内に残留することでも増えます。AGE が問題視される訳は、美容面で悪影響を与えるだけでなく、糖化が進むと健康面で深刻なリスクがある からです。

AGEの怖さ

AGE(終末糖化産物)の状態になると毒性が強く、元の状態に戻すには非常に長い時間がかかり、酸化と共に身体を老化させます。

まず肌の代謝が滞るため、透明感のないくすんだ色になり、またシミやしわなどのエイジングサインがあらわれやすくなります。

さらに AGE は目の角膜や網膜にダメージを与えるため、視力の低下につながり、白内障にかかりやすくなります。また糖質は血管を傷つけるためインシュリンの分泌が追いつかなくなると高血圧や糖尿病など生活習慣病にかかりるリスクを著しくあげます。

体内で優先して使われるのは糖質であるため、脂質が蓄積して外見的にも肥満になり、高脂血症や脂肪肝など脂質代謝問題を起こしかねません。

AGE によりこの状態が続くと内臓に異常が起こるようになり、心筋梗塞や脳梗塞など合併症で命を落とす危険性があります。影響は内臓だけでなく脳にまでおよび、記憶力の低下にはじまり、認知症やアルツハイマー患者の脳には糖質が通常のレベルよりかなり多い事がわかっています。

またがん細胞が増殖するために糖質を必要とする為、AGE が多いとガンの発症率も高まり進行も早くなります

このようにあらゆる面で健康を蝕むため、普段から AGE をなるべく発生させない生活習慣 の大切さが見直されています。

AGEの増加予防法

40代から糖化は徐々に進むので毎日の食事における糖質制限は効果的です。

AGE(終末糖化産物)増加予防には、小麦や砂糖などの精製品は特に血糖値を急激にあげやすいのでなるべく避け、野菜など食物繊維と酵素を含むものから食べ始め、アルコールは控えめにします。調理もなるべく素材を生かすようにし、高熱を加えた食品はほどほどにしておきましょう。

糖化を促す原因となる、過度のストレスは避け、規則正しい生活を送り、毛細血管を委縮させる喫煙をやめることも、AGE(終末糖化産物)増加予防として有効です。また、適度な有酸素運動は体内の糖を消化するのに役立ちます。

日頃の生活習慣において健康に留意することが、AGE(終末糖化産物)の増加予防には重要です。

美容・健康の為に、40代になったらと言わず、30代のうちから健康的な生活習慣を身につけるようにしましょう♪

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

炭酸水は身体&美容にいい?

ヨガ

布団の中から簡単・朝ヨガ

ヨガ

太もも引き締めに効果的なヨガポーズ

アロマオイルで楽しく大掃除♪

生活習慣病とは?

ストレッチで肩こり・腰痛予防