AGE(終末糖化産物)を測定してみよう

AGEとは終末糖化産物のことで、いいかえるとタンパク質と糖が加熱されてできた物質のことであり、強い毒性があり、老化の原因となる物質です。

老化と言うと、シミとかシワ、そして認知症が思い浮かびますが、血管が老化すると心筋梗塞や脳梗塞になったり、糖尿病の合併症場も、高血糖により、血管にこの物質がたまることから始まり、骨粗しょう症は骨の老化であり、目が老化すると白内障や網膜症になり、目が見えなくなる場合もあります。

このような症状にならない為には、引きおこす原因となるAGEを体内にためない、あるいはAGEを体内から減らす生活をする事が大切です。

AGEが体内にたまるには大きく2通り あります。

その一つは、高血糖が続くこと で、糖と人間の体を作っている細胞や組織のタンパク質が結び付き体温で熱せられ、タンパク質の糖化がおきるからです。初期の段階では、糖の濃度が下がればもとの状態に戻りますが、糖の濃度の高い状態が続くと毒性の強い物質に変わり、もとの状態には戻れなくなります。

AGEの量は「血糖値×持続時間」であらわされます。

食後におこる高血糖の典型的な例は糖尿病です。インスリンが出にくい人はもちろんインスリンが効きにくい人は特に血糖値のコントロールに注意が必要です。

もう一つは、食事として体内に入ってくる場合 です。

たとえばワッフルとかパンケーキそしてとんかつとかフライドチキンは糖やタンパク質がたくさん含まれ、加熱により糖とタンパク質が結び付いています。ここにAGEが発生しているのです。もちろん、食事として食べたもの全てが吸収される事はなく、消化分解されるものもありますが、食べた物の約7%は体内に残ってしまうのです。

AGEを体内にためないようにするには、食物を100℃以上に熱しない事です。したがって煮物料理がいいのです。揚げ物とか焼きものは焦げ目が分かりますが、一番注意すべき事は 電子レンジを多用しない 事です。電子レンジの対応ラップは 140℃以上になっているように、電子レンジは思っている以上に高温になるので注意が必要です。

人の体を老化をさせないようにするには、体内にAGEをためない 事ですが、現在、自分の体にどのくらいAGEがたまっているか知っておく事は大切です。

AGEの測定方法ですが、病院で血液検査を受ける方法と、測定器で調べる方法があります。測定器は光を当てると発光するAGEの性質を利用して、光の強弱で皮膚に蓄積されたAGEを測定します。

将来的には尿検査によって測定できる可能性もあるようなので、そうなるとAGEの測定は身近になりそうです。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ビタミン不足が疲れの原因!?

ハーブで手軽簡単!手浴・足浴

ヨガ

太もも引き締めに効果的なヨガポーズ

3つのアロマオイル~ローズマリー

食欲の秋に!肺の機能を高めよう

ウォーキング

ウォーキングで健康増進するポイント